INTERVIEWモニカの保育士

正社員インタビュー

みほ先生
ピアノが苦手な先生がいたっていい。一人ひとりの得意が活かせる園だから。ピアノが苦手な先生がいたっていい。一人ひとりの得意が活かせる園だから。

みほ先生

2013年入社/30代/主任 前職:保育士

他園での経験がある私から見て、モニカは保育士の個性も大切にする園だと感じます。一人ひとりの「得意」を活かし、逆に「苦手」はカバーし合う風土は、複数担任制を採用しているからこそ。たとえば、ピアノが好きな先生には朝の会や帰りの会での伴奏を、英語が好きな先生には外国人講師による英語の時間のサポート役を、と役割分担しています。だから、ピアノやお絵かきが苦手な先生がいたっていいんです。

私は、子どもたちと工作をして遊ぶのが好き。「来月は皆と何を作ろう?」と考えるところからワクワクしちゃうタイプなので、任せてもらえるのはとても嬉しいですね。子どもたちのことはもちろん、保育士の個性も伸ばしてくれるのがモニカです。

みほ先生
れいこ先生
プライベートの相談だってできる、先輩や仲間がたくさんいる。プライベートの相談だってできる、先輩や仲間がたくさんいる。
れいこ先生

れいこ先生

2014年入社/20代 前職:アルバイトから入社

入社初月、私は早速壁にぶつかりました。まだ仕事がよくわかっていなかったこともあり、当時の同僚と意見が少し食い違ってしまったんです。

ドン底状態から立ち直れたのは、先輩の存在があったから。その日の夜、「大丈夫?」って電話をくれたんです。仕事後にも関わらず、私の話を1時間ほど聞いてくれて。先輩のおかげで、今の私がいると言っても過言ではありません。

この時に限らず、職場仲間には本当に恵まれていると感じます。仕事終わりに皆で食事へ行ったり、休日は後輩とヨガに通ったり…職場の全員と、恋愛相談だって気軽にできる間柄です(笑)。また後輩が入ってきたら、もっと賑やかになりますね。楽しみです。

あやか先生
他クラスの先生も、調理や看護の先生も。「ツヨシ君が跳び箱とべた!」って皆で大喜び。他クラスの先生も、調理や看護の先生も。「ツヨシ君が跳び箱とべた!」って皆で大喜び。

あやか先生

2017年入社/20代 前職:幼稚園教諭

モニカでは子どもたちの年齢ごとにクラスが分かれており、担任の先生もいるのですが、少人数制の保育のため、先生みんなで子どもたち全員を見守っているのが特徴です。

全員の名前や顔がわかる、なんて当たり前。昨日は、らいおん組の野菜嫌いな子がニンジンを食べたとか、いるか組のある子が珍しく泣かずにママとばいばいできたとか、どの先生も一人ひとりの毎日の成長まで知っています。廊下で顔を合わせれば、つい子どもたちの話で盛り上がっちゃうほど、職員同士のコミュニケーションは活発です。

今日は「ツヨシ君が跳び箱とべた!」って皆で大喜び。園長先生や看護師さん、調理師さんや栄養士さんまで教室に飛んできてくれて。モニカは、皆で成長を喜び合う保育園です。

あやか先生
ゆい先生(妹)
家族も、友人も、モニカに入社。大切な人に安心してオススメできる会社。家族も、友人も、モニカに入社。大切な人に安心してオススメできる会社。
ゆい先生(妹)

ゆい先生(妹)

2014年入社/20代 前職:アルバイトから入社

私より3年早く保育士になった姉を見て、学生だった私の「保育士になりたい」という想いは一層高まったのを覚えています。「実際の保育の現場は、学校で学ぶよりずっと大変」なんて言いながらも、その日のことを楽しそうに話す姉の姿からは、モニカの雰囲気の良さや働きやすさも伝わってきました。だから、迷わず私もモニカを選んだんです。

私が入社した翌年には、短期大学時代の友達もモニカへ。大切な友達だから、自分が自信を持って勧められる会社に仲間入りしてくれて安心です。

りな先生(姉)

2012年入社/20代 新卒入社

就活中の妹がモニカに興味を持っているのは知っていました。でも、「姉妹で同じ職場なんてあり得ないよね」と二人で話していたんです。そんな私たちの背中を押してくれたのは社長でした。「一緒に働けばいいじゃない」って。

会社の温かい配慮のおかげで、私たち姉妹にとってやりづらい部分は少しもありません。毎年夏には姉妹揃って連続休暇を取らせてもらっているので、小さい時から恒例の家族旅行は今も続いています。以前は、有給休暇を使って平日に家族でテーマパークへ行ったことも。モニカは子ども想い、職員想い、そして家族想いな会社です。

りな先生(姉)

パート社員インタビュー

あけみ先生
20年のブランクを埋めてくれたのは、同僚や園長先生の手厚いフォロー。20年のブランクを埋めてくれたのは、同僚や園長先生の手厚いフォロー。

あけみ先生

2011年入社/50代 前職:専業主婦

結婚や上京を機に、保育士の仕事を辞めたのは今から約30年前のこと。それからの20年間は専業主婦でした。でも、四男が小学生になり、もう一度子どもに関わる仕事がしたいと思うようになったんです。

保育士の資格があるとは言え、ブランクはとても不安で…。それでもスムーズに職場に馴染めたのは、同僚の先生から園長先生まで、周りの丁寧なフォローがあったから。保護者向けの連絡帳はどんなふうに書けばいい?というところから教えてくれました。

1日6時間、週3勤務と、働き方についても柔軟に相談に乗ってくれました。今も「扶養内で」という希望に合ったシフトにしてくれているので、入社から8年、仕事と家庭をムリなく両立し続けられています。

あけみ先生
れいこ先生
保育は体力勝負の仕事…?いいえ。モニカなら体力的にキツくない働き方も相談できる。保育は体力勝負の仕事…?いいえ。モニカなら体力的にキツくない働き方も相談できる。
れいこ先生

れいこ先生

2011年入社/60代/保育補助 前職:保育補助

息子と娘が成人した私にとって、働く時間に制限はありません。ですが、入社当時56歳。毎日元気いっぱいの子どもたちと一緒に遊んで、生後4ヶ月でも6kgにもなる子たちを抱っこしては下ろして…日々の仕事の中で体力的なキツさを感じることもしばしば。ただ、辞めようと思ったことはありません。なぜなら、その時その時の自分に合った働き方を気軽に相談できる職場だからです。

モニカは職員たちの「子どもが好き」という想いを最大限応援してくれる会社。今と同じように働くのがいつか難しくなったとしても、保育士の先生たちの製作や行事準備のサポートをするなど、私らしく保育の仕事に携わり続けたいなと思っています。

INDEX
株式会社モニカ